家族葬儀の蓮斗屋

家族葬を中心に葬儀をサポートする大坂屋の人々の日々の活躍をお伝えします

家族葬を家で行う場合に普段から心がけておく事

自宅で家族を弔うために気をつけておくべき事

家族葬であっても最近では葬儀を行う斎場などで比較的狭い部屋などを貸しきって行う場合もあるかもしれません。
しかしそうではなく故人が住んでいた自宅などで家族葬を行う事を希望する場合には普段から心がけておかなければならない事があるでしょう。
一番に大切な事は常に掃除などをある程度心がけておく事ではないでしょうか。
葬儀の必要性という物はいつであるか検討もつきません。
その為いつもある程度家の中を綺麗にしておかなければそういった時に急に人が沢山来る事になればとても困る事になってしまうでしょう。
特に仏壇などかおいてあり、その部屋で葬儀などを行う事を予定している場合には沢山の物をその部屋には入れないようにし、いつもある程度広いスペースを保つ事を心がけておく必要があります。

家族葬の場所としてベストなのは1階の客間です

火葬などは絶対に家では出来ない為、火葬場へ行く事になりますがその際に棺を下ろす事が困難であるような階段がある部屋などは不便です。
荷物の上げ下ろしなどとは訳が違います。
段差が少しあるだけでもとても大変な作業になってくる為、仏壇のある部屋での葬儀を希望する場合には元々の仏壇の配置についても色々と検討する必要が出てくるでしょう。

備品などはレンタルできるところの当たりを付けておきましょう

座布団などの備品についてはレンタルする事が出来る所などもある為に自分でわざわざ買い揃える必要はないかもしれませんが、そういった事態が実際に起こった際に焦る事がないように事前にレンタル出来る所などを調べておく事も必要な備えであるかもしれません。
色々準備する事が難しい場合には家族葬を専門に扱っているパックなどもある為、そういった所に委託するのも良いでしょう。遺族にとっては悲しみにくれてばかりにいられない事であり、とても大変な事ではありますがその時の事や気持ちについてもきっと時間が解決してくれる事でしょう。

家族葬の基礎知識記事一覧