家族葬儀の蓮斗屋

家族葬を中心に葬儀をサポートする大坂屋の人々の日々の活躍をお伝えします

家族葬を希望する場合には生前に話あっておく事も必要です。

家族とのコミュニケーションはしっかりとれていますか?

家族葬に限らず自分の葬儀について時折家族などと会話をしておく事も必要かもしれません。
暗い話題になってしまう可能性がどうしても高くなってしまう為にそういった話題を家族の話し合いの場に出す事は余りないかもしれません。
実際に両親や自分もある程度年を取り、そういった事も多少実感を感じるようになった時に話あってみるのが良いかもしれません。
全く実感もわいていない状態からいきなりそういった話をする事は家族などを不安にさせてしまうだけになってしまうだけです。
何も得る物はない場合も多いでしょう。

葬儀について話し合うべき時期やタイミングを考えて

ある程度お互いに自覚が芽生えて来た頃に話あっても決して遅くはないのです。
全く何も話あっていない状況であれば自分の意思を誰かに伝える事も出来ていないと言う事になります。
自分という人間は存在していたと言う事を最後に主張する場でもある葬儀について自分が何の意見も言う事が出来ないと言う事態は避けたい物です。

金銭面で残された家族に負担をかけないように準備もしておきましょう

家族葬を希望している場合には町屋斎場などの斎場で行うのか、或いは自宅にて行って貰いたいのかなども話し合っておく事が必要でしょう。
自宅を希望する場合にはある程度の整理整頓を常に心がけておく事が大切です。家族葬を希望する場合には特に家族に金銭面にしてもどんな面にしても負担を最小限に止める事が出来るように努めるべきでしょう。
それ故に準備する事が出来る範囲の事は生前の段階で自分で決めて、できれば予約なども済ませておいても良いかもしれません。
全て決めてはいなくても、大体の希望だけでも予約しておくだけでも遺族の負担を軽減する事が出来るでしょう。
料金に関しても出来れば支払う事が可能な範囲は自分で支払って多いた方が安心感をより一層得る事が出来るのではないでしょうか。

家族葬の基礎知識記事一覧